令和次郎ニュース

日本の国益重視で出来事を紹介、令和新撰組とは無関係です

韓国ホワイト国除外ならどうなる?ホワイト国の権利をまとめてみた

おはようございます。令和次郎です。令和1年8月1日(木)

図々しいお願いですが下をクリックしての応援お願いします。順位低いので。

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村 社会・経済ランキング 

政府は明日にも韓国をホワイト国から除外する閣議決定する方針です。

私も不勉強だったのでホワイト国とかがよくわかりませんでした。そこで調べて整理してみました。よくご存知の方は飛ばしてください。

わかりやすくしたいので厳密には多少違う場合もございます。経産省のHPで御覧ください。

1 世界で27ヶ国アジアでは韓国1カ国だけがホワイト国。

韓国は2004年になりました。他は欧米がほとんどです。

2 武器に転用できる、開発につながる技術やモノの輸出は規制対象になる。

技術も含まれることは要注意ですね。

(1)具体的な品目で規制するリスト規制

今回のフッ化水素やレジストなど具体的な品目の場合ですね。

原則は個別許可です。

案件ごとに経産省の許可を受けて輸出ができます。この時の条件は

1 最終的な消費者が特定できること。

2 使いみちがはっきりしていること。(軍事転用の恐れがないか)

3 荷物ごとというわけではない。積荷が数回に分けられていてもまた時期が違っても問題ないです。

ホワイト国以外はこの手続を踏みます。

ホワイト国は輸出手続きが簡単。

管理がしっかりしていると判断されたホワイト国の場合は手続きが簡単になります。

案件ごとの個別許可ではなくて一定期間許可される「包括許可」が受けられるなどです

それだけ信用が重んじられて、認定された側の厳格な管理が求められるわけです。

(2)キャッチオール規制

上記のリストになくても規制はかかります。それが「キャッチオール規制」です。

日本政府はリストにないモノや技術でも許可をしない選択ができます。

しかしここで問題が起きます。

すべての商品を案件ごとにチェックすることは手間も暇もかかり職員が対応できません。そこで

ホワイト国については「相手を信用して原則フリー」で輸出できます。

これは大きな特権でありまた義務です。

信用を維持する責任を伴います。

3 韓国がホワイト国でなくなると

1000品目以上が「個別許可」の対象になります。時間もかかります。許可されない場合もあります。

失う不利益はとてつもないです。

4 日本依存度が高い品目が多い

日本は韓国が得意とする半導体などの先端産業の原料・部品供給国であるためにその品目は多いです。

日本依存度が90%以上・・・48品目で27.8億ドル(3020億円)

      50%   ・・・253品目で158億ドルとなっています。

これらの供給にⅰ時間的な遅れⅱ許可されないケース

が出てきます。

5 韓国から先端産業が撤退する動きが加速する

韓国に生産基地を置く魅力が薄れます。必要な原料の調達に時間がかるのは企業は避けたいです。

極端に言えば日本に拠点を置けば輸出ではないのでそもそも「許可」を受ける必要もないです。

また人件費が他の先進国と比べて安いわけでもないので経費的なメリットは薄いです。

これを機に日本や他の国へ拠点を移す動きが加速するでしょう。

日本以外だと例えば台湾でも今度は韓国と同条件になり韓国優位はなくなります。

6 反日の韓国では訴訟リスクがある。

政府・司法一体となって反日を煽る韓国に拠点があればなにかにつけて訴訟リスクを負います。

徴用工裁判のように条約でいわゆる「徴用工」の権利を放棄したものまで最高裁判所で支払い判決がでました。

韓国に工場や研究拠点など「差し押さえ」の可能性がある拠点を置くことは韓国以外の企業には大きなリスクとなります。

アメリカが仲裁に乗り出す動きもあるが

ポンペオ国務長官が日韓米の外相会談を通じて仲裁する動きを見せています。

しかし日本の「韓国ホワイト国除外」を止めることはできません。

その理由は

ホワイト国除外の原因は韓国にあり日本には他に道がない

ことです。3品目の輸出措置といいホワイト国除外といい韓国が原因です。

他のホワイト国のようにきちんと管理していれば問題なかったのです。

3品目についてもきちんとした説明ができていません。もっとも日本も不適切な具体的な事案は公表していませんが。

韓国に輸出された量と、行方がはっきりしている量との差が大きく空いています。管理が不適切でずさんなことは明白です。

だからホワイト国除外は日本としては当然の措置だしこれ以上継続はできません。

 

日本が韓国に必要以上に強い措置をとったりまた報復しているわけではないです。

それを政治的な報復と勝手に受け取って過剰に「反日」で応戦した韓国は自らの掘った穴に落ちたのです。

♣日本のマスコミでもこれらを「日本の報復」という論調で報道しているところもあります。相手国のずさんな管理を見逃せという意味でしょうか?

アメリカが「日本さん、ちょっと緩めてやれや」というのは根拠が何もありません。たんなるアメリカの利害によるものです。

韓国はどこでまちがえたのか?

 

さらなる悪い事態を防ぐ必要があった

3品目の措置より今度の「ホワイト国除外」のほうがはるかに影響が大きいです。それを防ぐには誠心誠意の対応で信頼を回復するしかありませんでした。

ところが文政権は真正面からの対応をせずに「反日」という感情にすり替えて、日本側のさらなる「不信感」を招きました。

当面成功したように見えるが取り返しのつかない事態に

作戦は成功して文大統領は今年最高の支持を獲得しています。

反日の嵐で「不買運動」も起きています。

ところでこの「すり替え」による影響はどれほどでしょう。

千品目を越える日本からの輸入がすんなりいかなくなります。

貿易依存度が67%と高い韓国には大きな損害です。

さらに上記のように韓国への投資が減る

今でも少ない若者の就職先がさらに減ります。

雇用を最優先にしている欧米諸国から見たら「自殺行為」にしか見えないでしょう。

世界広しと言えども先進国で雇用先を自らなくしているのは韓国だけに見えます。

トランプもびっくりです。

日本の方が困るだろうという反論は

これはどう理解していいのか苦しみます。

輸出措置は日本が好んでしたわけではなくルールに従っただけです。

それによって日本が不利益があるのは別の次元の話です。

「日本にも不利益があるから見逃せ」というのは理解不能です。

 

「ちゃんとするから次の段階(ホワイト国除外)はちょっと待って欲しい」

なら理解できますが。

文政権が続く限り転落は続くと思う

的はずれで国益逆行な政策にも関わらず韓国民は文氏を支持しています。

この状態が続けばこれからさらに韓国が国益を失う事態が続くと予想します

日本側がこれから取るであろう当然の措置はまだまだ多いからです。

 

<ネットでの反応は>

官房長官が「ホワイト国除外を粛々と進める」とした31日のニュースに対して

ヤフーニュースのコメント欄から

  • 日本は間違っていません。
    協定の内容も全て日本が正しい事を証明しています。
    自らの責任を逃れた上で日本にたかる輩をこれ以上放置してはいけません。
    是非、今後も強い対応でお願い致します。

  • mkk*****

     |  

    支持します。それでいいと思います。

 

以上です。長い記事をお読みいただきありがとうございました。

ユーチューブ動画 つたない動画ですが。Rec 16 33 02 20190801 - YouTube

 お願い ランキングに参加しました。下を押して応援いただければありがたいです。また読者登録をお願いします。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


社会・経済ランキング