令和次郎ニュース

日本の国益重視で出来事を紹介、令和新撰組とは無関係です

番外編【李氏朝鮮】日本との生活事情の違い・・・規則が厳しい朝鮮

令和次郎です。

図々しいですがまず応援のクリックお願いします。

社会・経済ランキングにほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村  

さて日本と朝鮮は近いのに違うことが多いと今更ながら感じますね。歴史的にはどうなのかを調べました。今回は李氏朝鮮時代の庶民の生活を取り上げました。学者ではないのでわかりやすさを目指しています。

李氏朝鮮は520年続いた王朝

李氏朝鮮は1392年から1910年まで520年も続きました。日本では長い江戸時代の約2倍もあります。日本では室町初期から明治までに当たります。

その間に27人の王がいました。そのうち2人は在位中にクーデターで降格されたので君という名称で廟にも祀られていません。朝鮮最大の暴君で有名な燕山君と江戸初期の光海君です。それ以外は祖か宗がついています。

さて今回は政治的な話ではなくて生活面の違いに注目しました。アトランダムに書きます。なお李氏朝鮮は日本での呼び名で朝鮮では単に国名を朝鮮と呼びますのでそれに従います

李氏朝鮮の首都は漢城(ソウル)

朝鮮はほぼ現在の南北朝鮮に当たる領土を支配しました。

f:id:tingisuhan:20190809173837p:plain

初めは中国の明、その後清の冊封体制に入りましたので名目上は皇帝ではなくて中国の皇帝の臣下になります。王は殿下と呼ばれました。

ソウルはほぼ真ん中にあり好位置です。高麗の都の開城ケソンから遷都されました。

漢江という大河に面しています。

人口は初期で10万人後期では20万から30万という大都市でした。

日本でいうと江戸時代の京都や大阪の規模でしょうか。

<江戸時代と比べてもかなり規則が厳しくて窮屈な印象>

日本で江戸時代は厳しいイメージです。しかし朝鮮はその3倍くらい厳しく窮屈な印象です。

1 夜間通行の禁止

夜間(日没から夜明けまで)に通行は禁止された。鐘で知らされた。

これは役人も例外ではなく違反者は棒で20回叩かれた。ただし両班は下人に刑を代わりに受けさせた。病人、緊急連絡は役人の許可を取った。

江戸でも無灯火での通行は禁止されたし町人は木戸が閉じられたが比較的自由だった。

朝鮮のこの厳格な夜間通行禁止は飲食店や飲み屋の発展を妨げた。

2 自由な商業の禁止

信長は楽市楽座を行ったことで有名だが朝鮮はどうだろう?

許可を得た商人=市廛(してん)商人以外は禁止

国が市場を建設してテナントとしてシテン商人が入店。

商業の独占権の代わりに

(1)税を納入

(2)国に品物を納入

(3)王室に必要な品を納入、中国使節への献上品を調達

の義務を負った。

シテン商人は業種ごとの市場に属して世襲された。

1品目1市場。

独占権の確保

シテン商人はそれ以外の商人の商品を没収、あるいは告発できた。

漢城の入り口で搬入される物資を安く買い叩いた。拒否する人は脅かして商品を奪った。

禁乱廛権(許可商人以外を排除する権利)・・・物価の高騰を招く

♡朝鮮では自由な商業は発達しなかったようだ。もともと商人の地位は儒教の影響で低い。現在でも商人の社会的地位は低いと聞く。

何代も続く老舗の名店が朝鮮にはないのも儒教の影響が大きいようだ。

3 貨幣経済が広まらなかった

宋や明の銅銭が流通した日本からみれば意外なのだが朝鮮では貨幣は流通しなかった。

1 15世紀までは米と麻布、それ以降は米と綿布の実物経済

庶民が銭を信用しなかったからと言われている。

2 1678年に「常平通宝」を発行も1文のみ。

銅銭は1種類のみで1文だった。10文で1銭、100文で1両、千文で1貫と呼んだがその高額貨幣はなく1文銭を持ち運んだ。重い。

→日本では室町までは銅銭で江戸では銭、銀、金貨など様々な貨幣を幕府が発行し流通した。

3 1724年英宗は銅銭の鋳造を禁止。

経済は大混乱し大商人が貨幣を独占。

その後もとに戻す。

♣政府が商業は必要最低限でいいと考えていたようだ。

3 その他の文化

1 漢城の水の確保は井戸のみ

干ばつでたびたび苦労している。王宮の水も井戸だけだった。

♣日本では神田上水玉川上水など井戸以外での水の確保がなされた。

2 禁酒令も度々出される

穀物消費をきらって度々出されている。

酒は濁酒(にごり酒、マッコリ、マッコリはぞんざいに濾した酒という意味)

焼酎は高級品。

清酒は丁寧に濾した酒で火入れはしなかったので酸っぱくなる。

3 外食産業は少ない

夜間通行禁止例もあり発達しなかった。冷麺やクッパの店程度。

4 さつまいも、ジャガイモは普及せず

飢饉対策の作物として日本では普及したが朝鮮では政府が禁止して広まらず。

5 タバコの普及

日本から伝わり子供まで喫煙、身分に合わせて長い煙管を使う。

→自分では火がツケられないので召使いが付けた。

<感想>

近い国だけど随分の違いを感じますね。商業については日本は随分発展していた印象です。豊かになろう、便利にしようという気持ちが強かったのでしょう。

朝鮮は儒教の影響が強く「儲ける」ことへの抵抗が強かったのです。

また儒教的観点からの禁止事項が多く自由経済市場経済の発展を妨げました。

これは現在でも飲食の老舗がないとか伝統工芸が継承されないとかの傾向で表れています。

以上です。

参考図書 角川選書 「庶民たちの朝鮮王朝」水野 俊平著

別ブログで「アジアの歴史」を書いています。しばらくしたらこの記事はそちらに移す予定です。アジアの歴史byチンギスハン

 クリックがまだの方はお願いします。

社会・経済ランキングにほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村