令和次郎ニュース

日本の国益重視で出来事を紹介、令和新撰組とは無関係です

【GSOMIA破棄】文在寅「反日」原理主義で韓国はどうなる?

日本との軍事情報協定を破棄 韓国が決定

令和1年8月22日(木)令和次郎ニュース

まずは応援のクリックお願いします。

 にほんブログ村 政治ブログへ 

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は22日、日本との軍事情報包括保護協定GSOMIA)を更新しないことを決めたと発表した。協定の更新期限は今月24日で、どちらかが破棄を通告しない限り1年間自動延長されることになっていた。
 同協定を巡っては安全保障問題などを理由に日本政府が対韓輸出規制の強化に踏み切ったことから、韓国与党の一部などから破棄すべきとの声が上がっていた。

f:id:tingisuhan:20190822194257p:plain

こういう政権だと早くわかって良かった

一部の人にはわかっていましたがこれで日本人みんなに行き届きました。

たんなる7月の日本の行政措置から始まった問題が国防問題にまで行き着きました。

協定自体は情報交換と言ってもそんなに大きな意味はないそうです。ただ米軍は困るそうですが。

米国の顔を潰した

反日という自分たちの意地を通すために、日本ばかりでなく米国からの信用も失いました。

合理的判断ができない政権とは話し合いはできない

一連の韓国の行動は、不買運動も含めて何ら合理性はありません。

だから冷静で合理的な話し合いはできません。

経済的には韓国はこれから厳しい時代を迎える

世界の景気減速が予測されています。

その中で貿易依存度が67%と世界平均の43%よりも高い韓国は影響を受ける度合いが27%の日本や20%の米国や32%の中国よりも深刻なのです。

また主力製品の半導体は典型的な景気循環の商品です。

半導体でもCPUなどの高付加価値品は少ないです。

多くの製品が中国とかぶる

低付加価値の汎用品は中国との競争にさらされています。

経済状況からすれば反日をやっている場合ではない

つまり「反日」は合理的な行動ではなく趣味的な行動です。

韓国はパンよりも精神に生きる選択をしたのです。

反日原理主義の国とは付き合えません。

今後の韓国の立ち位置は想像できない。

どの陣営でどういうポジションで行こうとしているのか不明です。

米陣営では日本の下に見られるのが嫌なのでしょう。

わかるのは「反日」だけです。

日本のマスコミも現実に即した「事実」を伝えてほしい

自分たちが勝手に想像した「理想」に基づいて偏った報道を続けてきたマスコミもそろそろ姿勢を正して、正確な報道に立ち返ってほしいです。

さらに間違った認識から韓国よりの「反日」行動をする左翼の方もそろそろ考え方を改めて日本の国益に沿った行動をしてほしいものです。

以上です。